> 蓄電システム

蓄電システム

夜間の電力を昼間に効率よく使うことの出来るシステムです。

蓄電システムのメリット

●メリット1 夜間の安い電力を昼間に効率よく使う

電力会社は昼間の電力需要のピークを下げるために、昼間の電気料金を高くする代わりに夜間を格段に安くした「時間帯別料金プラン」を、企業向けと家庭向けの双方で増やしています。

蓄電システムを利用することにより夜間に電気料金の安い電力を貯め昼間利用することで、経済的に電力を利用することができます。

●メリット2 停電などの非常時に安定した電力を確保

▼オフィス・学校・マンション等・・・パソコンやレジスター・電話などが使え仕事が続けられます。

▼住宅・・・夜間停電しても、暗闇の中手探りで動かなくてすみます。テレビが見られるので状況の確認、緊急時に備え携帯の充電なども出来ます。

蓄電システムの仕組み

電気料金が安くなる夜の時間帯に電力の一部を蓄電システムに貯めておき、電気料金が高くなる昼の時間帯に入ったら蓄電システムに貯めた電力を優先的に使うようにする

太陽光発電といっしょに利用することにより

太陽光発電からの供給電力とバランスをとったりすることも可能になり、電力会社から購入する量を最小限に抑えることができる

構成イメージ

非常時には、昼夜を問わず、さまざまな機器がしようできます。